コースターのような丸い形や多角形、曲線など普通の断裁ではできない変形が可能。
丸形や四角形はもちろん、
会社のロゴやマークなどを、切り抜きの形で表現できる。
粗い破線なら折り目として、細かい破線ならミシン罫としてしかも自在な形に。

オブジェクトにそってパスを作成してください。
この時、パスがあまりにも細すぎると、
切り抜けない場合があります。
細かい部分は、パスの数を減らして
単純化してください。
型抜き用パスは、
新規レイヤーを作成して、
『型抜きパス』のみをレイヤー内に
入れてください。
模様や絵柄が細すぎる、
または複雑すぎる型抜き用パスは、
うまく切り抜く
ことができません。
穴アケが2mm以下の場合は、
切り抜けません。

商品選択:
「名刺」を選択
オプション:
「名刺 型抜き」を指定
商品選択:
「DM・はがき
(A6・B7)」
を選択
オプション:
「DM 型抜き」を指定
商品選択:
「型抜きシート」を選択
(少しでも面付数を増やして1シートのできあがりを 増やしたい場合など)

型抜きパターンをご自分で面付されたいお客様は 型抜きベースをお使いください。 「表面」または「裏面」レイヤーに印刷部を配置してください。 「カット線」レイヤーに実線でカットパスを描いてください。 印刷範囲は内側のガイドまでです。


型抜き印刷とC1000Press最新情報

型抜き作業編

型抜き

鋭角の型抜きは、
ええ角に変更すると綺麗にできます

kata_kata190620-2.jpg
上の図のような鋭角になる型抜きは、紙が毛羽立ってしまいます。
その場合は、下のように角を少し丸くしていただけると
型抜きの刃がスムーズに移動して綺麗に型抜きできます。
kata_kata190620-3.jpg

星印なども、角を丸くすると綺麗です。

型抜き実践編

型抜き

最低ロット50部の名刺を
1部から印刷する方法

kata_meishi 190620-1.jpg

型抜きシートに面付すれば、21部の名刺ができます。
名刺50部 カラー片面 486円に比べれば高いですが、

型抜きシート 片面 1シート 1620円です。

ということは、21部でなくても 1部×21名分でもOKです。
レイヤーで分けていだたければ、100名様の名札も5シートで足ります。

型抜きシート 片面 5シート 4212円です。

小ロットには最適です。

新企画 型抜き+箔押し

型抜き

新企画 型抜き+箔押し
型抜きシートから注文できます。
タグに最適! 変形名刺もできます。

備考欄に箔押しの内容をご記入ください。
御見積致します。
箔押しの歩留まりが100%ではないので、
1シートにデザイン1種類となります。多面付はできません。

用紙は、下記の紙のみとなります。
ツヤ有:アートポスト・エスプリコート
ツヤ無:マットポスト・マシュマロ・サンマット・ホワイトエクセルケント・レイナ

katanuki Click sample 190222-01.jpg
1シート(マットポスト180kg)65×55mm 30ピース
合計金額 1674円+下地有540円=2740円

katanuki Click sample 190222-02.jpg
1シート(マットポスト180kg)40×55m 50ピース
合計金額 1674円+下地有540円=2740円

katanuki Click sample 190222-03.jpg
1シート(マットポスト180kg)40×55mm 65ピース
合計金額 1674円+下地無432円=2630円

katanuki Click sample 190222-04.jpg
1シート(マットポスト180kg)50×52mm 40ピース
合計金額 1674円+下地無432円=2630円

katanuki Click sample 190222-05.jpg
1シート(マットポスト180kg)55×54mm 35ピース
合計金額 1674円+下地有540円=2740円




paypayの手順
変形に強いクリックの名刺
変形名刺に強い

電話対応
10:30~15:00

少数スタッフで作業を優先させているため、電話には出れない場合があります。
お問い合せなどでご不便をおかけ致します。
お問い合せはメールでお願い致します。順次ご回答致します。

メールお問い合わせはこちら

ご注文の手順
ご注文はこちらから
  • ・ただし、スジ入れ・角丸などの加工がない定型サイズ名刺で午後4時頃までにデータが確認できたもの。
    特急料金等は必要ありません。
  • ・注文見積フォームの「お届け希望日」を必ず入力してください。

見本画像他、お得な
情報満載!
トラブル情報もあります。

代表の私が普段どこで呑んでるのか?長野県の南にある「飯田」とはどんな町なのかなど、印刷に直接関係ない、日常の話題を発信しています。
「友人」としておつきあい頂けると幸いです。