変形名刺のヒント

91×55定型

変形名刺の種類

変形サイズ名刺なら他店で断られたサイズでもお任せください。
変形名刺印刷
変形サイズは100部以上でご注文ください

短い辺 20~55ミリまで
 ※47ミリ未満20ミリまでのものは、
 断裁料金が仕上がり枚数300部ごとに
 550円追加となります。
長い辺 47~91ミリまで

スミ片面カラー片面スミ/スミカラー/スミカラー/カラー
100部660円1100円880円1320円1760円

変形サイズ名刺のお見積り&ご注文

同じ用紙・同じ色数で、1名100部以上なら
1名500部でも、100部×5名様でも、まとめて500部でご注文。

お任せください!即日発送致します!
カタチカラメイシ

タテ型・ヨコ型で、
タテ、ヨコがこのサイズを越える場合は別途御見積を致します。
ヨコ型で、短辺が55ミリ未満になる場合は、
断裁料金540円が追加となります。
3つ折り名刺以上は、別途御見積を致します。
お気軽にお問い合せください。面付方法はこちら

お問い合わせ
2つ折り名刺・ポイントカードお見積り&ご注文
スミ片面カラー片面スミ/スミカラー/スミカラー/カラー
50部660円1100円880円1320円1760円
50部+スジ入れ880円1300円1100円1540円1980円
2つ折りタテ名刺お見積り&ご注文
スミ片面カラー片面スミ/スミカラー/スミカラー/カラー
50部825円1375円1100円1650円2200円
50部+スジ入れ1045円1595円1320円1870円2420円

同じ色数・用紙であれば
複数デザイン(種類)でも、まとめて割引致します。

3つ折り名刺お見積り&ご注文
スミ/スミカラー/スミカラー/カラー+スジ入れ
100部2,640円3,960円5,280円880円
200部5,280円7,920円10,560円1,760円
300部7,524円11,286円15,048円2,508円
500部11,880円17,820円23,760円3,960円
1000部22,440円33,660円44,880円7,480円
お問い合わせ
変形名刺

スジ入れとは、折り加工とは異なり、
スジ(折り目)を入れるオプションです。
納品後、折り目にそって折って頂ければ、
キレイで確実な折りができます。
折り加工より安価で、スピーディーに行う事ができますので、
製作日数の追加もありません。
二つ折りの名刺や、ショップカードやスタンプカードなどにご利用下さい。

スジ入れの指示線は、
仕上げの外側(ヌリタシの外)にご入力下さい(「表面・裏面」のご指示も)
また、トラブルが起こらないために
「スジ入れ」などの文字のご記入をお願いします。
断裁線より内側に指示を配置されますと印刷されてしまい、
仕上がりに影響がございます。

スジ入れは表面が凹(裏面が凸)になるように加工を施す形が標準となります。
逆に加工しますと、完全に閉じずに少し広がった状態になってしまいます。


名刺の最新情報

名刺をPDFで作る

PDF】【名刺印刷

名刺をPDFファイルで作る場合
アートボード(書類)のサイズを
91×55mm ×
94×58mm ○ 
してください。
仕上がりは、91×55mmです。 sample200.pdf

Artboard01.jpg

裁ち落とし(縁なし)印刷の場合も問題なく対応できます。
Artboard02.jpg

クリック3つの安心

DM印刷】【シール印刷】【チラシ印刷】【名刺印刷】【型抜き

クリック3つの安心
画像確認・テスト印刷・返金保証

1 画像確認
 データを入稿した際、150dpiの確認画像を返信します。
 崩れがないか、データの不備がないか確認することができます。
 ほぼ仕上がりと同様の画像になりますので、データに不安があったりする場合にご利用ください。
sample reina.jpg


2 テスト印刷
 実際に印刷する用紙に、印刷して名刺の場合は名刺サイズに断裁して郵送でお届け致します。
 色の確認の他、プレゼンテーションにもご利用いただけます。
 このサービスは最終的に印刷していただければ「無料」です。
 用紙違いなどの場合は、1種類につき440円で追加できます。

3 返金保証
 印刷の仕上がりに問題があった場合は、お客様のデータの問題ではない場合は、
 基本的には、無料で再印刷致します。
 なお、再印刷してもお客様が望むクォリティが出せない場合は、全額返金致します。
 PayPay 決済の場合は全額ですが、他の場合は振込手数料などは差し引かせていただきます。



56名様両面画像確認

名刺印刷

56名様分の画像確認。
両面、112面分

しかも、タテ型だったので、回転の必要があり、
時間がかかりました。

レイアウトに問題ないか。
差替部分の確認など、

仕上がりに不安のある方は、
お気軽に「画像確認」にチェックを入れてください。
clcik omote.jpg
表面は、左側が「天」になります。
click ura.jpg
裏面は、右側が「天」になります。
150dpiで出力しています。
画像をクリックしていただければ、実際の画像を表示します。

変形名刺とは

「変形名刺」とは、通常のビジネスカードや名刺の伝統的な形状やサイズから逸脱した変形したものを指します。これには、非標準的な形状、サイズ、素材を使用したり、特別な印刷技術や切り抜きなどを取り入れることが含まれます。目的は、受け取った人に強い印象を与えることや、特定のブランドや個人のアイデンティティをより創造的に見せることにあります。

例えば、通常の長方形ではなく、円形や特定の形(例:動物の形、製品の形)をした名刺、異なる素材(木、金属、透明プラスチックなど)を使用した名刺、折り畳み可能なものや、QRコード、NFCタグの組み込みなど、技術的な要素を取り入れたものが変形名刺に含まれます。これらは、特にクリエイティブな業界や個性的なビジネスで好まれる傾向があります。

印象が強く伝えられる変形名刺は大きなメリット・効果が期待できます。

変形名刺のデザインを作る際のポイント

変形名刺を決める際には以下のポイントを考慮しましょう。

目的とターゲットオーディエンス

目的や使用状況に合わせて形を考えます。業界や職種、ターゲットの人々の好みや感覚に沿ったデザインを選択します。

ブランドイメージの反映

会社や個人のブランドイメージを考慮し、その特徴や価値観を形に反映させます。色彩、ロゴ、フォントなどの要素は一貫性を保ちつつ、ブランドを強調します。

ユニークさと記憶に残す

目立つ要素や特徴を持った形を選択します。他と差別化し、相手の記憶に残るような印象的なデザインを心がけます。

情報の整理と重要な情報の強調

掲載情報は必要最小限にし、整理されたイメージにします。重要な情報は目立つように配置し、読みやすくします。

印刷や加工の制約

特殊な形状や加工を施す場合、印刷会社の技術や制約を考慮します。

可読性と使いやすさ

デザインが美しくとも、情報が読みづらい場合は効果が薄れます。文字やイメージの配置、色彩の使い方など、可読性と使いやすさを重視します。

感情や印象の伝達

色彩が伝える印象や感情を意識し、相手に良い印象を与えるような形を選択します。業界や目的に応じて、フォーマルなものからクリエイティブなものまで検討します。

一貫性

全体の一貫性を持たせます。異なる要素がバラバラであると、印象が混乱してしまう可能性がありますので、統一感を持たせます。

これらのポイントを考慮しながら、変形名刺を決定されると、効果的で印象的な名刺を作成できます。

変形名刺のサイズについて

変形名刺のサイズは通常、標準的な名刺サイズとは異なります。通常の名刺のサイズは約8.5センチ × 5.5センチ(縦横比は約3:2)ですが、変形名刺は目的に応じてさまざまなサイズや形状を持つことがあります。変形名刺は通常、印刷会社やデザイナーによってカスタマイズされ、クリエイティブな要素を取り入れたり、特定の業界や目的に合わせて変形・形をイメージします。

変形名刺のサイズは、印刷会社の提供オプションによって変化します。そのため、具体的な変形のサイズを決定時には、印刷会社と相談し、デザインの要件や目的に合わせて適切なサイズを決めることが重要です。通常よりも大きく、特別な形状を持つことで、変形名刺は印象的で目を引くものにできます。

変形名刺の印刷を得意とする当店株式会社クリックでは、

・短い辺 20~55ミリまで
 ※47ミリ未満20ミリまでのものは、断裁料金が仕上がり枚数300部ごとに550円追加となります。
・長い辺 47~91ミリまで

の仕様となっており、さまざまな印刷にご対応が可能です。

2つ折りの変形名刺

2つ折りの変形名刺は、通常の名刺よりも大きなサイズで、2つ折りになっている特殊なアイテムです。このタイプは情報をコンパクトにまとめるのに便利で、デザインの幅も広がります。具体的なサイズはデザインや印刷会社によって異なる場合がありますが、一般的な2つ折り変形名刺のサイズは以下のようなものが考えられます。

・開いた状態のサイズ: 約18センチ × 5.5センチ(縦横比は約3:1)
・折りたたんだ状態のサイズ: 約9センチ × 5.5センチ(通常の名刺のサイズ)

このような2つ折りの変形名刺は、追加の情報やイメージを効果的に伝えるために使用されることがあります。中には、会社の歴史や製品ラインアップ、サービスの詳細、ポートフォリオのサンプルなどを含めることができます。デザインの自由度が高いため、ブランディングや印象づけに活用されることがあります。ただし、2つ折りの変形名刺を作成の際には、印刷会社のテンプレートやガイドラインに従って調整が重要です。

3つ折りの変形名刺

3つ折りの変形名刺は、通常の名刺よりも大きなサイズで、3つに折りたたむことができる特殊な変形名刺です。このタイプは情報をコンパクトにまとめるのに便利で、デザインの幅も広がります。具体的なサイズは印刷会社によって異なる場合がありますが、一般的な3つ折り変形名刺のサイズは以下のようなものが考えられます。

開いた状態のサイズ: 約27センチ × 5.5センチ(縦横比は約3:1)
折りたたんだ状態のサイズ: 約9センチ × 5.5センチ(通常サイズ)

3つ折りの変形名刺は、追加の情報やコンテンツを含めるのに適しており、しっかりと折りたたまれた状態でも通常サイズに収めることができます。使用時には、各パネルに適切な情報を配置し、効果的なブランディングや情報提供が行えるように変形の形にしていくことが重要です。

3つ折りの変形名刺は、特にサービスの詳細、製品情報、メニュー、プロモーション素材、イベント案内などのコンテンツを含めるのに適しており、ビジネスやイベントでのプロモーションに活用されることがあります。ただし印刷の際には、印刷会社との連携が必要で、テンプレートやガイドラインに従って作成することが一般的です。

変形名刺がよく使用される業界

変形名刺は、そのユニークな形状の特性から、特定の業界や目的に特に適したものとして使用されることが多いです。以下に、変形名刺がよく使用される業界や目的を挙げてみます。

クリエイティブ業界

アーティスト、イラストレーターなどのクリエイティブ業界では、自身の個性やスキルを強調するためのユニークな変形名刺が一般的です。
ポートフォリオとしても機能する変形名刺は、作品やスキルのアピールに効果的です。

エンターテイメント業界

タレント、アーティスト、映画や音楽のプロモーションに関わる人々は、目を引く形状の変形名刺を使用することで、ファンや業界関係者に印象を残すことができます。

イベントプランニング・広告業界

イベントやキャンペーンの企画・運営、広告制作などを行う業界では、独自性やクリエイティビティを強調する名刺が重視されます。イベントやキャンペーンのプロモーションに使用する変形名刺は、目を引く形が求められます。

ファッション業界

デザイナーやスタイリスト、モデルなどのファッション業界では、自身のブランドやスタイルを反映したユニークな名刺が人気です。

テクノロジー・スタートアップ業界

IT関連のスタートアップやテクノロジー企業では、革新性やクリエイティブな思考を強調する変形名刺が人気です。ブランドのイノベーションや新しいアイデアを反映した名刺が使用されることがあります。

飲食業界・フードビジネス

レストラン、カフェ、食品メーカーなどの飲食業界では、商品やサービスの特性を伝えるためのユニークな名刺が使用されることがあります。食材や料理のイメージを反映した形状の名刺が、業界の特色を強調するために活用されます。

これらの業界では、変形名刺を通じて自身の個性やブランドを強調し、印象的なコミュニケーションを実現することができます。変形名刺は、その独特な形状により、特定の業界や目的において、効果的な印象づけやコミュニケーションツールとして活用されています。

変形名刺を制作するメリット

通常の名刺とは異なる形状を持つアイテムであり、目を引く効果や印象を与えるための特別なアイテムです。変形名刺を制作することにはいくつかのメリットがあります。

目立つデザイン

ユニークな形状は、受け取った人の興味を引きつけます。
他とは一線を画すことで、記憶に残りやすくなります。

ブランドイメージの強化

ユニークな形状は、ブランドや会社の個性や特色を強調し、印象を深めます。
ブランドの魅力やメッセージを効果的に伝えることができます。

話題作り

受け取った人とのコミュニケーションのきっかけとなり、話題を提供することができます。イベントやネットワーキングの場での会話のきっかけとして活用することができます。

記憶に残りやすい

ユニークな形状は、受け取った人の記憶に残りやすく、再度アクションを起こすきっかけとなることがあります。再利用や再訪を促進する効果があります。

プロモーション効果

クリエイティブな変形名刺は、SNSや口コミでのシェアの対象となりやすく、無料のプロモーション効果を生む可能性があります。
インパクトのあるアイテムは、ユーザーが自ら拡散したくなる要素を持つことがあります。

ターゲットに合わせたデザイン

ターゲット層に合わせて、デザインや形状を変えることで、より効果的なコミュニケーションが可能となります。特定のイベントやプロモーションに合わせて、カスタマイズされた名刺を制作することができます。

変形名刺は、伝統的なものとは異なるアプローチで、ブランドや会社の魅力を高めることができる強力なツールです。ユニークなデザインと効果的なコミュニケーションを組み合わせることで、ビジネスチャンスやブランドの認知拡大に貢献することが期待できます。

変形名刺を作る際の注意点

変形名刺を作成する際の注意点は以下の通りです。

印刷会社との相談

通常の名刺よりも特殊な形状や加工を必要とする場合があります。印刷会社と事前に相談し、実現可能なデザインを検討します。

使いやすさの確保

個性的で目立ちますが、使いにくい形状やサイズだと受け取り手が保管しにくくなります。デザインの個性を保ちつつ、使いやすさも考慮します。

情報の適切な配置

名刺に掲載する情報は必要最小限にし、適切な配置を考えます。変形名刺の場合、情報が読みづらくなる可能性があるため、注意が必要です。

ブランディングの一貫性

ブランドイメージや企業のメッセージに合ったデザインを採用します。変形名刺でもブランドの一貫性を保つことが重要です。

加工や仕上げの品質

特殊な加工や仕上げを施す場合、品質に気を配ります。安価な加工や仕上げを行うと、名刺の印象が損なわれる可能性があります。

法的制約や規制の確認

特に産業や法律の関連する業界では、名刺に関する法的制約や規制が存在する場合があります。これらを遵守することが重要です。

目的とターゲットオーディエンスに合わせる

変形名刺のデザインは目的やターゲットオーディエンスに合わせて考えます。目的や受け手によっては、通常の名刺の方が適している場合もあります。

デザインの一貫性

デザインが派手すぎたり、ばらばらなものだと、ブランディングやメッセージが伝わりにくくなる場合があります。一貫性のあるデザインを心がけます。

これらの注意点を踏まえて作成することで、個性的で効果的な名刺を作成することができます。

安くて高品質の変形名刺はクリック

株式会社クリックでは小ロット100部から変形名刺が可能です。安くて高品質の変形名刺を検討されている方はぜひクリックをご利用されてみてはいかがでしょうか。

変形に強いクリックの名刺
変形名刺に強い

電話対応
10:30~15:00

少数スタッフで作業を優先させているため、電話には出れない場合があります。
お問い合せなどでご不便をおかけ致します。
お問い合せはメールでお願い致します。順次ご回答致します。

メールお問い合わせはこちら

ご注文の手順
ご注文はこちらから
  • ・ただし、スジ入れ・角丸などの加工がない定型サイズ名刺で午後4時頃までにデータが確認できたもの。
    特急料金等は必要ありません。
  • ・注文見積フォームの「お届け希望日」を必ず入力してください。

見本画像他、お得な
情報満載!
トラブル情報もあります。

代表の私が普段どこで呑んでるのか?長野県の南にある「飯田」とはどんな町なのかなど、印刷に直接関係ない、日常の話題を発信しています。
「友人」としておつきあい頂けると幸いです。